脈ありかどうか判断!サインを見逃さずに告白成功しよう/Happy Wedding Day
HOME>Topics>脈ありかどうか判断!サインを見逃さずに告白成功しよう

恋愛心理学の違いがある

相手と結婚したい場合には、脈ありかどうかで判断するのが普通になります。脈ありのサインがあれば告白をするかもしれませんが、そうでなければわざわざ告白をしないでしょう。ところが、男性と女性ではそのサインが異なるのが特徴になります。なぜ違いが生じるかといえば、それは男性と女性の恋愛に対する心理の違いと言えるでしょう。例えば、目線を考えると男性は女性の話しを聞く時に女性に目線をあわせます。これに対して女性の場合には、自分が話すときに相手に目線を合わせる特徴があります。なぜこのようなことが起こるかといえば、もともと男性は興味のある話ししか聞かない傾向が強いです。そのため、興味のある女性に対しては積極的に無線を合わせようとするわけです。一方女性の場合には、基本的に興味のない人に対しては自分の話しを一切しません。それだけになく目を合わせない傾向があります。ですが、単純に興味のある人に対して自分のことをわかってもらいたい時に目線を合わせようとします。

なぜ人気なのか

脈あり診断が結婚したい人に人気になっていますが、その人気の理由はいくつかあります。まずは、脈ありのサインを知ることで相手との時間を無駄にしたくない気持ちがあるからです。人間は、わざわざ可能性の少ないものに対して時間をかけたくないと考えている傾向があります。完全に脈がないならばわざわざその人の気持ちを引っ張ろうとしないでしょう。特に男性側は相手が自分に対して興味ないと判断した場合には、背を向けて次に行く傾向があります。次に、漠然と診断自体に信頼をしていることがあるといえるでしょう。例えば女性の間では様々な診断が会話の中にできますが、ポピュラーな脈あり診断が会話の中に出てくることも多いわけです。女性は、友達が行っていると自分も行わなければならないという気持ちになります。最後に、脈ありかどうかの判断方法は昔から信ぴょう性の高い内容と知られているからです。